旧バージョンから自動タスクを移行する方法

FineReader 12 のタスクマネージャで作成した自動タスクを、FineReader 14 に移行する方法をご案内します。

【FineReader 12 の操作手順】

  1. [ツール][タスクマネージャ] でタスクマネージャを開きます。
  2. 移行したいタスクを選択して、[エクスポート] をクリックします。
    自動タスクファイルのエクスポート
  3. 保存先を指定してタスクファイル(.fta)を保存します。
  4. [閉じる] をクリックして、タスクマネージャを閉じ、FineReader 12 を終了します。
  5. 保存したタスクファイル(.fta)を FineReader 14 がインストールされている PC に移動します。

【FineReader 14 の操作手順】

  1. [ツール][OCR エディタ] で OCR エディタを開きます。
  2. OCR エディタで、[ツール][自動化されたツール] をクリックします。
    自動化されたツール
  3. [インポート] をクリックして、タスクファイル(.fta)を指定し [開く] をクリックします。
    自動タスクファイルのインポート
  4. 今すぐ自動タスクを実行される場合には、[実行] を、後で実行する場合は [閉じる] をクリックして、FineReader 14 を終了します。
カテゴリー: 自動 タグ: , |

インストール中にアクセスが拒否される

インストール中に、「C:\Users\%USERNAME%\AppData\Local\Temp\Rollback へのアクセスが拒否されました。」 と表示された場合、セキュリティソフトウェアを無効にして ABBYY FineReader をインストールしてください。
それでも問題が解決しない場合、Windows のシステム設定で、TMP および TEMP の環境変数を変更して、インストールをお試しください。
以下に、環境変数の変更手順をご案内いたします。

【操作手順】

– Windows 10 バージョン 1709 ビルド 16299.19 –

  1. [スタート][Windows システムツール][コントロールパネル] をクリックします。
    コントロールパネル
  2. [システムとセキュリティ][システム] をクリックします。
    Win10 システム
  3. [システムの詳細設定] をクリックします。
    システムの詳細設定
  4. [環境変数] をクリックします。
    環境変数
  5. 「ユーザー環境変数」の変数から 「TMP」 選択して [編集] をクリックします。
    ユーザー環境変数_TMP
  6. 変数値に新しい値(C:\temp など)を指定して [OK] をクリックします。
    環境変数の編集
  7. 「ユーザー環境変数」の変数から 「TEMP」 選択して [編集] をクリックします。
  8. 変数値に手順6 と同じ値を指定して [OK] をクリックします。
  9. 環境変数の設定画面で [OK] をクリックします。
  10. PC を再起動して、インストールを開始します。
カテゴリー: トラブル タグ: , , |

アップデートをインストールできません。

ABBYY FineReader 14 のアップデートの実行中に、「アップデートのダウンロードで問題がありました。アップデートをインストールできません。」 と表示された場合、以下の方法をお試しください。

【操作手順】

  1. インターネットに接続できることを確認します。
  2. ABBYY FineReader を終了します。
  3. C:\ProgramData\ABBYY\FineReader\14.00\Updates フォルダに移動します。
  4. フォルダ内のコンテンツを削除します。
  5. ABBYY FineReader 14 を起動します。
  6. メニューで [ヘルプ][アップデートを確認する] をクリックします。

上記手順を実施しても解決しない場合は、エラーメッセージのスクリーンショットとシリアル番号を添えて、お問い合わせ よりご連絡ください。

カテゴリー: トラブル タグ: |

UD デジタル教科書体フォントの追加方法

Windows 10 Fall Creators Update で、正式採用が発表されたフォント UD デジタル教科書体を、FineReader で使用する方法について、以下にご案内いたします。

【フォントのインストール手順】

  1. Windows Update で、Windows 10 を最新の状態に更新します。
    (バージョン 1709 ビルド 16299.19 以降)
  2. Windows の [スタート][設定] をクリックします。
    スタート画面
  3. [アプリ] をクリックします。
    アプリ
  4. 「アプリと機能」画面で [オプション機能の管理] をクリックします。
    UD
  5. 日本語補助フォントがインストールされているかを確認します。
    インストールされている場合は、FineReader の設定手順まで読み飛ばしてください。
    日本語補助フォント
  6. [機能の追加] をクリックします。
    UD デジタル教科書体フォントの追加方法02
  7. ウィンドウをスクロールして「日本語補助フォント」を選択し、[インストール] をクリックします。

以上で、フォントのインストールは完了です。
続いて、FineReader の設定手順をご案内いたします。

【FineReader の設定手順】

  1. ABBYY FineReader を起動します。
  2. [ツール][オプション][OCR][フォントの選択] をクリックします。フォントの選択
  3. フォントの選択ウィンドウをスクロールして、「UD デジタル教科書体 N-R」「UD デジタル教科書体 NK-R」「UD デジタル教科書体 NP-R」にチェックを入れて [OK] をクリックします。
    フォント設定

以上で、OCR に利用できるフォントに UD デジタル教科書体が追加され、OCR 処理を実行した後の文書に、UD デジタル教科書体フォント をご利用いただけます。
読み取る文書に UD デジタル教科書体が使用されている場合は、そのまま UD デジタル教科書体で出力されます。

他のフォントで作成された PDF 文書を、UD デジタル教科書体を使用した Word 文書に変換することも可能です。
ただし、PDF ファイルとして保存する場合は、原本保存の法則に従い、OCR 処理を実行する前の外観を維持しますので、元のフォントで表示されます。

カテゴリー: その他 タグ: , , |

Windows 10 Fall Creators Update について

Windows 10 Fall Creators Update の実行後、下図のエラーが発生する場合がございます。
Error 258
エラーが発生した場合、修復インストールをお試しください。
以下に、修復インストールの手順をご案内いたします。

【操作手順】

  1. C:\temp フォルダ内に FR14 というフォルダが残っていることをご確認ください。
    残っていない場合には、ABBYY FineReader 14 のインストーラーをダウンロードいただき、インストールを実行してください。
  2. Windows の [スタート][設定] をクリックします。
    スタート画面
  3. [アプリ] をクリックします。
    アプリ
  4. 「アプリと機能」画面で [ABBYY FineReader 14] を選択して [変更] をクリックします。
    Repair_Install-01
  5. プログラムの保守ウィンドウが開くので、「修復」 にチェックを入れて [次へ] をクリックします。
    Repair_Install-02
  6. [インストール] をクリックします。
    Repair_Install-03

上記手順で問題が解決しない場合には、再インストール をお願い致します。

カテゴリー: トラブル タグ: , , |

アジア圏の言語の文書の PDF 保存について

PDF 形式で保存した場合、ファイルを閲覧する環境によっては、適切なフォントを利用できず、検索可能な PDF としてご利用いただけない場合がございます。

特に、中国語や韓国語などのアジア圏の言語を含んだ文書を、検索可能な PDF ファイルとして保存する場合、PDF/A 形式での保存 で保存されることを推奨致します。

PDF/A 形式で保存いただくことで、埋め込みフォントを使用するため、閲覧環境による影響を受けずに、検索可能な PDF としてご利用いただけます。

以下に、保存する PDF ファイル形式を PDF/A にする方法をご案内致します。

【操作手順】

  1. [ツール][オプション][形式設定] をクリックします。ファイル形式設定
  2. ドキュメントタイプで「PDF」を選択し、[PDF/A 文書を作成] にチェックを入れます。
    PDF/A 文書を作成
  3. バージョンのプルダウンリストで、PDF/A のバージョンを選択します。
    一般的には PDF/A-2b が利用されております。
  4. [OK] をクリックして、オプションを閉じます。

以上の設定を完了することで、PDF ファイルの保存時には、PDF/A で出力されます。

PDF/A については、下記リンク先もご参照ください。
PDFとPDF/A の違いについて

カテゴリー: 保存 タグ: , , |

韓国語の OCR 手順

韓国語の文書を OCR で読み取る方法をご案内致します。

【事前準備】

下記リンク先をご参照いただき、韓国語のフォントをインストールしてください。
韓国語の OCR の事前準備

【操作手順】

  1. FineReader を起動して、新しいタスクのウィンドウで [PDF に変換する] をクリックします。
    FineReader 14 操作画面
  2. 目的のファイルを指定します。
  3. 操作画面左の「画像品質」で、任意の設定を選択後、「全文検索」のプルダウンリストで [テキストや画像内で検索する] を選択します。
    Full text search
  4. 「OCR 言語」で [その他の言語] をクリックします。
    OCR Languages
  5. 全てのチェックを外した後、[韓国語(辞書サポート)][韓国語(ハングル)(辞書サポート)] にチェックを入れます。
    Korean Hangul
    その他、文書に含まれる言語にチェックを入れて [OK] をクリックします。
  6. [PDFに変換する] をクリックします。
  7. ファイルの保存先を指定し、ファイル名を入力して [保存] をクリックします。

【備考】
PDF ファイルを閲覧する環境によっては、韓国語が正しく表示されない場合がございます。
その場合は、PDF/A 形式で保存いただくことで、検索 PDF として閲覧いただけます。
PDF/A の形式で保存するには、「PDF/A 文書を作成」 にチェックを入れてください。
PDF/A 文書を作成

カテゴリー: 読み取り, OCR タグ: , |

韓国語の OCR の事前準備

韓国語の文書に OCR 処理を実行する場合、お使いの PC に、BatangGulimなどの韓国語に適したフォントのインストールを推奨致します。
以下に、Windows 10 でのフォントのインストール手順をご案内致します。

【操作手順】

  1. FineReader や Microsoft Office などの、起動中のアプリケーションを終了します。
  2. Windows の [スタート][設定] をクリックします。
    スタート画面
  3. [アプリ] をクリックします。
    アプリ
  4. 「アプリと機能」画面で [オプション機能の管理] をクリックします。
    Windows 10 韓国語フォント追加01
  5. [機能の追加] をクリックします。
    Windows 10 韓国語フォント追加02
  6. ウィンドウをスクロールして「韓国語補助フォント」を選択し、[インストール] をクリックします。
    Windows 10 韓国語フォント追加03

上記手順を実施することで、Windows OS 内にハングル文字の表示に適した、韓国語のフォントが追加されます。
韓国語の文書に OCR 処理を実行する手順は、韓国語の OCR 手順 をご参照ください。

カテゴリー: 読み取り, OCR タグ: , |

「ストアの確認済みアプリではありません」 と表示されます。

Windows 10 で、ABBYY FineReader のインストールを実行すると、「ストアの確認済みアプリではありません」 と表示される場合がございます。
こちらは、Windows 10 バージョン 1703 より OS に追加された機能となります。
ストアの確認済みアプリではありません
OCR ソフトウェアの ABBYY FineReader が、Microsoft 社のストア内でアプリケーションを配布していないため、本メッセージが表示されます。
ABBYY FineReader に問題はございませんので、ご安心ください。
[了解してインストール] をクリックすると、インストールを進めていただけます。

カテゴリー: インストール タグ: , |

PDF を Excel に貼り付ける方法

OCR ソフトウェアの ABBYY FineReader では、画像や PDF ファイル内の文章、表、画像を読み取り、Excel に貼り付けることができます。
他にも、Word、Googleドキュメント、スプレッドシートなどに貼り付けることも可能です。
操作手順については、下記をご参照ください。

カテゴリー: 読み取り, 高度な編集 タグ: , |