メモ(注釈)の挿入方法

ABBYY FineReader 14 では、PDF文書内の文字に、注釈を挿入できます。
本ページでは、PDF文書内に、注釈を挿入する方法をご案内いたします。

【操作手順】

  1. 編集したいPDFファイルを右クリック > [ABBYY FineReader 14 で編集する] をクリックします。
    ショートカットOCR
    または、新しいタスクのウィンドウで [PDFを開く] をクリックして、対象のPDFファイルを指定します。
  2. PDFファイルが開いた後、[表示][PDFツールの表示] をクリックします。
    その後、 [表示][コメントペインの表示] をクリックします。
    [PDFツールの表示][コメントペインの表示]の両方にチェックが入った状態にします。
    コメントペインの表示
  3. PDFツールバーの [メモ] をクリックします。
  4. メモを追加したい文字列を選択し、ウィンドウ右に表示されるコメントボックス内にテキストを入力します。
    文字列以外の部分に挿入したい場合、目的の位置をクリックします。
    メモの追加
  5. 入力完了後、コメントボックスの外側の空白部をクリックします。
  6. すべての操作が完了後、PDFツールバーの [メモ] をクリックして無効化します。
  7. [名前を付けて保存] をクリックして、ファイルを保存します。
    名前を付けて保存
カテゴリー: PDF 編集 タグ: , |

ウォーターマークの追加方法

本ページでは、ABBYY FineReader 14 を使い、PDFにウォーターマークを追加する方法をご案内いたします。

【操作手順】

  1. 編集したいPDFファイルを右クリック > [ABBYY FineReader 14 で編集する] をクリックします。
    ショートカットOCR
    または、新しいタスクのウィンドウで [PDFを開く] をクリックして、対象のPDFファイルを指定します。
  2. PDFファイルが開いた後、PDFツールバーの [ウォーターマーク][ウォーターマークの追加] をクリックします。
    PDFツールバーが表示されていない場合、[表示][PDFツールの表示] をクリックします。
    ウォーターマークボタン
  3. ウォーターマークの追加ウィンドウが開くので、ウィンドウ左の「ページ上のロケーション(プレビュー)」で、9つのセルの中から、目的の位置をクリックします。配置状況はプレビュー画面に表示されます。
    ウォーターマークの配置
  4. ウィンドウ右のテキストボックスに、挿入したい文字を入力します。
    フォーマットのプルダウンリストから、フォントとフォントサイズを選択します。
    その下のボタンは、太字、斜体、カラーなどを指定できます。
    ウォーターマークテキスト
  5. 回転の角度や透明度を調整します。
    回転と透明度
  6. 可視性では、ウォーターマークの表示を前面表示にするか、背面表示にするかを選択します。
    配置レイヤーの選択
  7. 表示させるページを指定して、[保存と追加] をクリックします。
    ページ指定
カテゴリー: PDF 編集 タグ: , |

ABBYY FineReaderの上位エディションへのアップグレード

ABBYY FineReader 14 では、下位エディションから上位エディションへのアップグレードが、アップグレードライセンスの購入のみで可能となりました。(2018年 2月現在)
※アップグレードライセンスの購入には、旧バージョンのライセンスが必要

ABBYY FineReader 14 にアップグレードいただくには、目的のエディションのアップグレードライセンスを、購入ページよりご購入ください。

【アップグレード例】

  • [お持ちのライセンス] ABBYY FineReader 14 スタンダード エディション
    » [アップグレード] ABBYY FineReader 14 エンタープライズ エディション
  • [お持ちのライセンス] ABBYY FineReader 11 プロフェッショナル エディション
    » [アップグレード] ABBYY FineReader 14 エンタープライズ エディション

どちらの場合も、アップグレード後のライセンスとなる、ABBYY FineReader 14 エンタープライズ エディション シングルライセンス(FR14EU-ESD) をご購入いただくことで、アップグレードが可能です。コンカレントライセンスについては、別途お問い合わせください。

各エディションの違いは、エディション別機能比較表ABBYY FineReader のエディションの違いについて をご参照ください。

また、ABBYY FineReader 以外の一部 ABBYY 社製品についても、アップグレードライセンスをご購入いただくことで、ABBYY FineReader 14 をご利用いただけます。
※アップグレードライセンスの購入には、お持ちの製品のライセンスが必要

【対象ライセンス一例】

  • ABBYY FineReader Sprint 12
  • ABBYY PDF Transformer +

その他のアップグレード対象製品や、アップグレードに関する詳細は、ABBYY FineReader 14 へのアップグレードについて をご参照ください。

他の製品から ABBYY FineReader に移行される前に、まずは、30日間無料の試用版にて動作をご確認ください。
試用版のダウンロードページ よりダウンロードいただけます。

カテゴリー: エディション, 購入 タグ: , |

PDF文書の強調表示、挿入テキスト、下線、取り消し線の挿入方法

ABBYY FineReader 14 では、PDF文書内の文字の強調表示(マーカー)や、下線、取り消し線を挿入することができます。
以下に、操作手順をご案内いたします。

【操作手順】

  1. 編集したいPDFファイルを右クリック > [ABBYY FineReader 14 で編集する] をクリックします。
    ショートカットOCR
    または、新しいタスクのウィンドウで [PDFを開く] をクリックして、対象のPDFファイルを指定します。
  2. PDFファイルが開いた後、PDFツールバーのコメントツール(下図)を使用します。
    PDFツールバーが表示されていない場合、[表示][PDFツールの表示] をクリックします。
    Commentbutton

    • 強調表示(マーカー)は、上図右の [ab] の左上のボタン(赤枠)をクリックします。
    • 挿入テキストは、上図右の [ab] の右上のボタン(緑枠)をクリックします。
    • 下線は、上図右の [ab] の左下のボタン(青枠)をクリックします。
    • 取り消し線は、上図右の [ab] の右下のボタン(黄枠)をクリックします。

【強調表示(マーカー)】

  1. 強調表示ボタン(下図赤枠)をクリック後、任意の文章をドラッグ&ドロップで選択します。
    カラーパレットから任意の色を選択できます。
    強調表示
  2. ページの空白部をクリックして選択状態を解除します。
  3. 操作完了後、強調表示ボタンをクリックして無効にした後、メインツールバーで [保存] または [名前を付けて保存] をクリックすると、編集後のファイルを保存できます。
    PDF編集後の保存
    検索可能なPDFファイルとして保存したい場合は、メインツールバーの [認識][OCRエディタで認識、検証する]をクリックして、OCRエディタに移動してファイルを保存します。
    OCRエディタに移動
    OCRエディタの詳しい操作方法は、OCRエディタについてをご参照ください。

【挿入テキスト】

  1. [挿入テキスト](下図緑枠)をクリック後、文中の任意の位置をクリックします。
    カラーパレットから任意の色を選択できます。
    Insert text
  2. コメントボックスに任意のテキストを入力します。
    テキスト入力後、コメントボックスの外側の空白部をクリックします。
    挿入したテキストを削除したい場合、マークをクリックして [Delete] キーを押下するか、右クリック > [削除] をクリックします。
  3. 操作完了後、[テキストの挿入] をクリックして無効にした後、メインツールバーで [保存] または [名前を付けて保存] をクリックすると、編集後のファイルを保存できます。
    PDF編集後の保存
    検索可能なPDFファイルとして保存したい場合は、メインツールバーの [認識][OCRエディタで認識、検証する]をクリックして、OCRエディタに移動してファイルを保存します。
    OCRエディタに移動
    OCRエディタの詳しい操作方法は、OCRエディタについてをご参照ください。

【下線の挿入】

  1. [下線](下図青枠)をクリック後、任意の文章をドラッグ&ドロップで選択します。
    カラーパレットから任意の色を選択できます。
    下線挿入
  2. ページの空白部をクリックして選択状態を解除します。
  3. 操作完了後、[下線]をクリックして無効にした後、メインツールバーで [保存] または [名前を付けて保存] をクリックすると、編集後のファイルを保存できます。
    PDF編集後の保存
    検索可能なPDFファイルとして保存したい場合は、メインツールバーの [認識][OCRエディタで認識、検証する]をクリックして、OCRエディタに移動してファイルを保存します。
    OCRエディタに移動
    OCRエディタの詳しい操作方法は、OCRエディタについてをご参照ください。

【取り消し線の挿入】

  1. [取り消し線](下図黄枠)をクリック後、任意の文章をドラッグ&ドロップで選択します。
    カラーパレットから任意の色を選択できます。
    取り消し線
  2. ページの空白部をクリックして選択状態を解除します。
  3. 操作完了後、[取り消し線]をクリックして無効にした後、メインツールバーで [保存] または [名前を付けて保存] をクリックすると、編集後のファイルを保存できます。
    PDF編集後の保存
    検索可能なPDFファイルとして保存したい場合は、メインツールバーの [認識][OCRエディタで認識、検証する]をクリックして、OCRエディタに移動してファイルを保存します。
    OCRエディタに移動
    OCRエディタの詳しい操作方法は、OCRエディタについてをご参照ください。
カテゴリー: PDF 編集 タグ: , |

PDF文書の編集方法

ABBYY FineReader 14 では、テキストの追加、位置変更、削除、画像の挿入など、PDF文書の編集が可能です。以下に、操作手順をご案内いたします。

【操作手順】

  1. 編集したいPDFファイルを右クリック > [ABBYY FineReader 14 で編集する] をクリックします。
    ショートカットOCR
    または、新しいタスクのウィンドウで [PDF を開く] をクリックして、対象のPDFファイルを指定します。
  2. PDFファイルが開いた後、PDFツールバー(下図)を使用します。
    PDFツールバーが表示されていない場合、[表示][PDFツールの表示] をクリックします。
    PDFツール

    • 文書内にテキストを追加する場合は、[テキスト](上図赤枠)をクリックします。
    • 文書内のテキストや画像を編集する場合は、[編集](上図緑枠)をクリックします。
    • 文書内のテキストや画像を削除する場合は、[消去](上図青枠)をクリックします。
    • 文書内に画像を挿入する場合は、[画像](下図黄色枠)をクリックします。

    ※ 画像PDFの場合でも、ABBYY FineReader が一時的にテキストレイヤーを作成し、テキストの編集を可能にします。

【テキストの追加】

  1. [テキスト]をクリック後、任意の場所をクリック または ドラッグ&ドロップで範囲選択して、テキストボックスを作成します。
  2. テキストツールバー(下図)で、フォント、フォントサイズ、フォントスタイルを指定します。
    PDFツール フォント設定
  3. 文章を入力します。
    入力完了後、テキストボックスの外側の空白部をクリックして、[適用]をクリックします。
    または、ボックス内を右クリックして、[適用]をクリックします。
  4. [テキスト]をクリックして無効にした後、メインツールバーで [保存] または [名前を付けて保存] をクリックすると、編集後のファイルを保存できます。
    PDF編集後の保存
    検索可能なPDFファイルとして保存したい場合は、メインツールバーの [認識][OCRエディタで認識、検証する]をクリックして、OCRエディタに移動してファイルを保存します。
    OCRエディタに移動
    OCRエディタの詳しい操作方法は、OCRエディタについてをご参照ください。

【テキストの編集】

  1. [編集]をクリック後、編集したいテキストボックスをクリックします。
  2. テキストツールバーで、フォント、フォントサイズ、フォントスタイルを指定します。
    PDFツール フォント設定
  3. テキストボックス内の文章を編集します。
  4. 編集完了後、テキストボックスの外側の空白部をクリックします。
    文章の位置を移動したい場合、テキストボックスの外枠をクリックして、ドラッグ&ドロップで移動します。
  5. [編集]をクリックして無効にした後、メインツールバーで [保存] または [名前を付けて保存] をクリックすると、編集後のファイルを保存できます。
    PDF編集後の保存
    検索可能なPDFファイルとして保存したい場合は、メインツールバーの [認識][OCRエディタで認識、検証する]をクリックして、OCRエディタに移動してファイルを保存します。
    OCRエディタに移動
    OCRエディタの詳しい操作方法は、OCRエディタについてをご参照ください。

【テキストの削除】

  1. [消去]をクリック後、編集したい文章をドラッグ&ドロップで範囲選択します。
  2. [消去]をクリックして無効にした後、メインツールバーで [保存] または [名前を付けて保存] をクリックすると、編集後のファイルを保存できます。
    PDF編集後の保存
    検索可能なPDFファイルとして保存したい場合は、メインツールバーの [認識][OCRエディタで認識、検証する]をクリックして、OCRエディタに移動してファイルを保存します。
    OCRエディタに移動
    OCRエディタの詳しい操作方法は、OCRエディタについてをご参照ください。

【画像の挿入】

  1. [画像]をクリック後、挿入したい画像ファイルを指定します。
    ※画像の挿入後、[画像]は無効になり、[編集]が有効になります。
  2. 画像が挿入された後、ドラッグ&ドロップで、画像を任意の位置まで移動します。
    画像サイズは、画像が選択された状態で、画像の端をマウスで引っ張ることで調整できます。
  3. 画像の配置完了後、画像の外側の空白部をクリックします。
  4. [編集]が有効になっているため、クリックして無効にした後、メインツールバーで [保存] または [名前を付けて保存] をクリックすると、編集後のファイルを保存できます。
    PDF編集後の保存
    検索可能なPDFファイルとして保存したい場合は、メインツールバーの [認識][OCRエディタで認識、検証する]をクリックして、OCRエディタに移動してファイルを保存します。
    OCRエディタに移動
    OCRエディタの詳しい操作方法は、OCRエディタについてをご参照ください。
カテゴリー: PDF 編集

複数のファイルの変換と結合

ABBYY FineReader 14 のファイル変換機能では、ファイルの結合にも対応しています。
複数のファイル形式が混在した資料を、1つのPDFファイルに統合したい場合などに最適です。
各ファイルを、個別のファイルとしても出力できます。

PDFに変換する

PDF、Word、Excel、テキストファイルなど複数種類のファイルを、PDFに変換します。
pdf、docx、xlsx などのファイル形式が異なるファイルを、1つのPDFファイルに結合できます。
個別のPDFファイルとしての出力にも対応。

Microsoft Wordに変換する

PDFと画像ファイルを、Wordファイル(.docx)に変換します。
pdf、jpg、png、tiff などのファイル形式が異なるファイルを、1つのWordファイルに結合できます。
個別のWordファイルとしての出力にも対応。

Microsoft Excelに変換する

PDFと画像ファイルを、Excelファイル(.xlsx)に変換します。
pdf、jpg、png、tiff などのファイル形式が異なるファイルを、1つのExcelファイルに結合できます。
個別のExcelファイルとしての出力にも対応。

その他の形式に変換する

PDFと画像ファイルを、CSV、テキスト、RTF などのファイルに変換します。
pdf、jpg、png、tiff などのファイル形式が異なるファイルを、1つのドキュメントファイルに結合可能。
個別のファイルとしての出力にも対応。

以下では、PDF変換を例に操作手順をご案内いたします。

【操作手順】

  1. FineReaderを起動し、[開く][PDFに変換する] をクリックします。
    PDFConverter
  2. PDFファイルに変換したい文書ファイルまたは画像を1つ指定します。
  3. [ファイルの追加] をクリックして、残りのファイルを指定します。
    add-file
  4. 上図左のオレンジ枠部分で、画像品質や全文検索などの設定内容を選択して、OCR言語を指定します。

    ※ 画像品質の設定の違いは、下記の通りです。

    • 最高の品質:ソース画像の元の解像度が保持されます。
    • バランス保持:画像の品質を高いレベルに保ちつつ PDF文書のサイズを抑えます。
    • コンパクトサイズ:画像の解像度を 300dpi まで下げます。
    • カスタム…:カスタム設定画面を開きます。

    ※ 全文検索の設定の違いは、下記の通りです。

    • テキストや画像内で検索する:文書内の画像に含まれる文字も、検索対象となります。
      画像や画像PDFを検索可能なPDFに変換する場合、こちらを選択してください。
    • 全文検索を無効にする:文字をテキストとして認識せず、画像PDFとして変換します。
    • 元の文書のまま:文書内の文字のみをテキストとして認識します。
      画像に含まれる文字は認識されません。一般的な検索PDFの作成に最適です。
  5. ファイルを結合して、1つのPDFファイルとして出力する場合、「すべてのファイルを1つの文書に結合します。」にチェックを入れいます。
    個別のファイルとして出力したい場合には、チェックを外した状態にします。
  6. [PDFに変換する] をクリックします。
カテゴリー: ファイル変換

ABBYY FineReader 12 の販売終了について

ABBYY FineReader 12 は、2017年2月に販売を終了いたしました。
2018年1月現在、現行のメジャーバージョンは、ABBYY FineReader 14 となります。
それ以前のバージョンについて、弊社では販売を終了しております。

バージョンの違いや、各エディションの違いについては、以下のリンク先をご参照ください。

なお、弊社ではバンドル品の販売を行っておりません。
バンドルされている ABBYY FineReader に関するお問合せには、ご回答いたしかねます。
ご購入元へお問い合わせください。

カテゴリー: 購入 タグ: , |

Hot Folder の制限期間について

Hot Folder のページ数制限は、インストール日から30日間で計算されます。

  • スタンダードエディション:非対応
  • コーポレートエディション:5,000 ページ/月(30日)
  • エンタープライズエディション:10,000 ページ/月(30日)

ページ数のカウントは、30日周期で更新されます。
なお、制限内容は Hot Folder のみとなり、通常の OCR、ファイル変換、自動タスクは制限なくご利用いただけます。

現在の使用状況や、制限の解除日の確認方法については、Hot Folder の制限状況の確認方法 をご参照ください。

追加オプションなどで上限値を増やすことはできませんが、以下のリンク先にて、次善策をご紹介しておりますので、併せてご参照ください。
Hot Folder 機能のページ数制限について

カテゴリー: 自動処理 タグ: , |

認識領域の順序を並べ替える方法

ABBYY FineReader 14 以降では、認識領域の順序を並べ替える機能が追加されました。
この機能を利用することで、文書に出力する際の順序を変更することができます。

操作手順を以下にご案内します。

【操作手順】

  1. OCRエディタで、読み取りたいファイルを開きます。
  2. 自動または手動で認識を行います。
  3. ツールバーの [領域][エリアの並べ替え] をクリックします。
    エリアの並べ替え
  4. 出力する文書で表示したい順序で、認識領域を選択します。
    領域の左上に表示されている番号が、選択した順に更新されます。
    エリアの順序指定
  5. [認識] をクリックします。
    認識ボタン
  6. 出力文書のレイアウトで、[フォーマット済みテキスト][プレーンテキスト] を選択します。
    (その他のレイアウトでは、並べ替えが適用されません。)
    保存タイプの選択
  7. 下図のように、指定した順序で並べ替えた文書が出力されます。
    エリアの並べ替え後
  8. [保存] をクリックして、任意のファイル名を付けて保存します。
カテゴリー: 高度な編集 タグ: , |

お使いの環境の確認方法

【OS、CPU、メモリ容量の確認手順】

  1. Windows の [スタート][設定] をクリックします。
    スタート画面
  2. [システム] をクリックします。
    system
  3. [バージョン情報] をクリックします。
    バージョン情報
    • プロセッサ:CPUの情報が掲載されています。
      ABBYY FineReader の必須動作環境は 1.0GHz 以上です。
      (2.0GHz 以上を推奨)
    • 実装メモリ:メモリ容量が掲載されています。
      ABBYY FineReader の必須動作環境は 1GB(1204MB)以上です。
      4コアCPUの場合には、3072MB 以上のメモリが必要となります。
      (32bit OS には 4GB 以上、64bit OS には 8GB 以上を推奨)
    • システムの種類:OSのビット数/CPUの規格(ビット数)が掲載されています。
    • Windowsの仕様:OSのエディション、バージョン、ビルド情報が掲載されています。

【GPUの確認手順】

  1. Windows の [スタート][設定] をクリックします。
    スタート画面
  2. [システム] をクリックします。
    system
  3. [ディスプレイ][解像度] のリストで、対応している解像度が確認できます。
    ABBYY FineReader の必須動作環境は 1024×768 以上です。
    その後、[アダプターのプロパティの表示] をクリックします。
    ディスプレイのアダプタ
  4. アダプタのプロパティのウィンドウが表示されます。
    VRAM
    • アダプタの種類:GPUの製品情報が掲載されています。
      ビデオカードが搭載されている場合、ビデオカードの品番などが表示されます。
    • 利用可能な全グラフィックスメモリ:ビデオメモリとして利用可能な合計領域。
    • 専用ビデオメモリ:GPUのメモリ容量。グラフィック処理に割り当てられた領域。
      ビデオカードが搭載されている場合、ビデオカードのメモリ容量が表示されます。
    • 共有システムメモリ:メインメモリからGPUに割り当てることが可能なメモリ領域。
      専用ビデオメモリの容量が不足している場合、グラフィック処理にこの領域が使用されます。
      物理メモリを増設することで増加いたします。

ABBYY FineReader の必須動作環境は、動作環境ページ をご参照ください。
推奨環境ついては、ABBYY FineReader 推奨動作環境をご参照ください。

カテゴリー: 動作環境 タグ: , |