PDF文書内の特定のキーワードを塗りつぶす

本ページでは、PDF文書内から特定のキーワードのみを塗りつぶす方法をご案内します。

【操作手順】

  1. 編集したいPDFファイルを右クリック > [ABBYY FineReader 14 で編集する] をクリックします。
    ショートカットOCR
    または、新しいタスクのウィンドウで [PDFを開く] をクリックして、対象のPDFファイルを指定します。
  2. PDFファイルが開いた後、ツールバー上の [表示][検索] をクリックして検索ペインを表示します。(または、[Alt]キーと[3]の同時押し)
    検索ペイン
  3. 塗りつぶしたいキーワードを検索ボックス内に入力して、検索結果から対象を選択します。
    ▼ の部分をクリックすると、「完全一致」や「大文字と小文字の区別」を指定できます。
    また、「文書テキスト」にチェックを入れると、検索結果のすべてが対象となります。
  4. PDFツールバー上のデータの修正 をクリックし、検索ペイン上の墨消しのボタン(下図赤枠)をクリックします。
  5. 名前を付けて保存をクリックして、ファイルの種類で「画像のみPDF」を選択してファイルを保存します。
    「検索可能PDF」として保存したい場合、「画像のみPDF」に変換したファイルを、FineReader を使い、改めて「検索可能PDF」に変換してください。
    データ修正後に、直接「検索可能PDF」として保存された場合、修正前の情報が背面レイヤに残ってしまいます。
カテゴリー: PDF 編集 タグ: , |

認識結果の修正方法

本ページでは、OCR処理後の文書から、信頼性が低い文字を含む単語を自動検出して、修正提案を行う検証機能をご案内します。

【操作手順】

  1. OCR エディタで PDF または 画像ファイルの OCR 処理を実行します。
    OCR エディタの操作方法については、OCR エディタについて をご参照ください。
  2. メイン ツールバー右にある検証ボタンをクリックして、検証ダイアログボックスを開きます。
    または、[認識] > [テキストの検証] をクリックします。
  3. 信頼性の低い文字が強調表示された、検証ダイアログボックス(下図)が開きます。
    ダイアログの上部のボックスには、信頼性の低い単語を含む文章が表示され、下部のボックスには、認識されているテキストが表示されます。
    右側のボックスには、認識された文字や単語の修正候補が表示されます。
    中国語、日本語、韓国語で書かれた文字の場合、「信頼性が低い文字」として認識された文字と外観が類似した文字を、認識候補として提案します。
  4. 候補の文字に修正する場合、[置換] をクリックします。
    候補内に適切な文字がない場合、テキストボックス内でのテキストの直接編集も可能です。
    候補に該当文字が見つからない場合、「信頼性の低い文字です。文字が正しく認識されているかどうか確認してください。」と表示されますので、直接編集します。
    必要に応じて、フォントの種類、サイズ、装飾(太字、斜体、下線)などを変更できます。
  5. 修正後 または 表示されている文字が正しければ [スキップ] をクリックして、次の文字の検証に移動します。
  6. 手順4と5の作業を繰り返し、すべてを修正するか [閉じる] をクリックして、検証ダイアログを終了します。
  7. 修正後の文書に問題がなければ、任意の形式でファイルを保存します。
カテゴリー: OCR, 高度な編集 タグ: , , , |

PDFのセキュリティ設定

ABBYY FineReader 14 では、パスワードで保護されていない PDFファイルを、パスワードで保護された PDFファイルに変換することができます。
安全性の高い暗号化方式である AES-256 にも対応しています。
本ページでは、パスワード付きのPDFファイルとして保存する方法をご案内します。

【操作手順】

  1. 編集したいPDFファイルを右クリック > [ABBYY FineReader 14 で編集する] をクリックします。
    ショートカットOCR
    または、新しいタスクで [PDFを開く] をクリックして、PDFファイルを指定します。
  2. PDFエディタが開いた後、PDFツールバー上の [パスワードのセキュリティ] をクリックします。
  3. 「文書を開くためのパスワードでアクセスを制限する」 にチェックを入れて有効化します。
    (※ PDFファイルの閲覧を制限しない場合、本手順は不要です。)
  4. 「ドキュメントを開くパスワード」に設定するパスワードを入力して、「パスワードの確認入力」に同じパスワードを入力します。
    アクセス制限
  5. 「許可パスワードで印刷と編集を制限する」にチェックを入れて有効化します。
    (※ PDFファイルの編集、印刷を制限しない場合、本手順は不要です。)
  6. 「アクセス許可パスワード」に、「ドキュメントを開くパスワード」とは異なるパスワードを入力して、「パスワードの確認入力」に、「アクセス許可パスワード」と同じパスワードを入力します。
    この設定を有効にすることで、アクセス許可パスワードが入力されていない場合、PDFファイルは、印刷や編集を制限された状態で開きます。
    印刷と編集の制限
  7. 印刷のプルダウンリストから、目的の動作を選択します。
    印刷制限
    • 禁止された ・・・ 印刷を禁止します。
    • 低解像度 (150 dpi以下) ・・・ 150 dpi以下での印刷のみ許可します。
    • 高解像度 ・・・ 高解像度での印刷を許可します。
  8. 編集のプルダウンリストから、目的の動作を選択します。
    • 禁止された ・・・ 編集を禁止します。
    • 可能な変更:削除、ページの回転、ブックマークの作成、サムネイルの作成 ・・・ 指定した動作以外を禁止します。例)コメントの追加は禁止され、ページの削除は許可されます。
    • 可能な変更:フォームフィールドへの記入、既存の署名フィールドへの署名 ・・・ 指定した動作以外を禁止します。例)ページの削除は禁止され、フォームへの入力は許可されます。
    • 可能な変更:コメント、フォームフィールドへの記入、既存の署名フィールドへの署名 ・・・ 指定した動作以外を禁止します。例)ページの削除は禁止され、コメントの追加は許可されます。
    • 可能な変更:挿入、削除、ページの回転、フォームフィールドへの記入、既存の署名フィールドへの署名 ・・・ 指定した動作以外を禁止します。例)コメントの追加は禁止され、ページの削除は許可されます。
    • 可能な変更:例外抽出ページ ・・・ 指定した動作以外のみを禁止します。例)ページの抽出は禁止され、その他の操作は許可されます。
  9. テキストや画像のコピーや読み取りの許可を設定します。
    読み取り許可
    • テキスト、画像その他のコンテンツのコピーを許可する ・・・ 有効にすることで、文書内のコピーの許可をします。
    • 画像リーダーによるテキストの読み取りを可能にする ・・・ 有効にすることで、テキストの読み取りを許可します。
  10. 暗号化レベルを、プルダウンリストから選択します。
    暗号化レベル
    安全度が高い順に、256ビット-AES、 128ビット-AES、 40ビット-RC4 となり、最も安全性が高い 256ビット-AES を推奨しますが、編集制限の内容によって、使用可能となる暗号化レベルが異なります。
  11. [OK] をクリックすると下図の警告が表示されますので、内容の確認後に [閉じる] をクリックします。
    制限に関する警告
  12. 手順4と6で設定したパスワードを入力し、[保存] または [名前を付けて保存] をクリックして、ファイルを保存します。
    パスワードの入力
カテゴリー: PDF 編集 タグ: , |

特定のページのみを選択してファイルを作成

本ページでは、PDFファイル内から特定のページのみを選択して、PDF、Word、Excel などのファイルを作成する方法をご案内いたします。

【操作手順】

  1. 編集したいPDFファイルを右クリック > [ABBYY FineReader 14 で編集する] をクリックします。
    ショートカットOCR
    または、新しいタスクで [PDFを開く] をクリックして、PDFファイルを指定します。
  2. PDFエディタが開いた後、必要に応じてテキストなどを編集します。
    編集方法の詳細は、PDF文書の編集方法 をご参照ください。
  3. ウィンドウ左のページペイン(下図)から、任意のページを選択します。
    複数のページを選択する場合、キーボードの [Ctrl] を押しながらページをクリックします。
    連続したページを選択する場合、[Shift] を押しながら開始ページと終了ページをクリックします。
    ページペイン
  4. 選択したページの1つを右クリックして、ショートカットメニューを開き、以下の操作を実行します。
    • PDFファイルを作成するには、 [選択したページでPDFを作成](赤枠)をクリックします。
    • OCR処理を実行するには、 [OCRエディタに送信](緑枠)をクリックします。
    • Word や Excel 形式で保存するには、 [名前を付けて保存](青枠)をクリックします。

    選択したページを出力

  5. 新しく出力されたファイルを保存するために、以下の操作を実行します。
    • [選択したページでPDFを作成] を選択した場合、新しいタスクウィンドウが開きますので、[保存] をクリックして保存先を指定後、ファイル名を入力してファイルを保存します。
    • [OCRエディタに送信] を選択した場合、OCRエディタが開きます。
      OCRエディタについて をご参照いただき、OCR処理を実行します。
    • [名前を付けて保存] を選択した場合、任意のファイル形式を選択して保存先を指定後、ファイル名を入力してファイルを保存します。
カテゴリー: PDF 編集 タグ: , |

PDF描画ツール

ABBYY FineReader に搭載されている、PDF編集機能には、描画ツールが含まれております。
本ページでは、描画ツールについてご案内いたします。

【操作手順】

  1. 編集したいPDFファイルを右クリック > [ABBYY FineReader 14 で編集する] をクリックします。
    ショートカットOCR
    または、新しいタスクのウィンドウで [PDFを開く] をクリックして、対象のPDFファイルを指定します。
  2. PDFファイルが開いた後、PDFツールバーの [描画] をクリックして、描画を行います。
    PDFツールバーが表示されていない場合、[表示][PDFツールの表示] をクリックします。
    描画ツール
  3. 下図の中から、目的の操作をクリックします。
    描画ボタン
    • インク:一般的なペン機能となり、フリーハンドで線を描画できます。
      インク
    • :始点をクリック後、任意の位置を終点としてクリックすることで、線を描画できます。
      垂直、水平、45度の斜線を描く場合には、Shiftキーを押した状態で終点をクリックします。
      線
    • 矢印:始点をクリック後、任意の位置を終点としてクリックすることで、矢印を描画できます。
      垂直、水平、45度の斜線を描く場合には、Shiftキーを押した状態で終点をクリックします。
      矢印
    • 長方形:始点をクリック後、対角の位置を終点としてクリックすることで、四角形を描画できます。
      長方形
    • オーバル:始点をクリック後、対角の位置を終点としてクリックすることで、円形を描画できます。
      楕円形
    • 多角形:始点をクリック後、任意の位置をクリックすることで直線を作成します。
      この操作を繰り返し、終点を始点と重ねることで、多角形を描画できます。
      多角形
    • :始点をクリック後、任意の位置をクリックすることで直線を作成します。
      この操作を繰り返し、終点を始点と重ねることで、波線で囲まれた雲の形状をした図形を描画できます。
      雲
    • ポリライン:始点をクリック後、任意の位置をクリックすることで直線を作成します。
      この操作を繰り返すことで、複数の頂点を持つ、連続線を描画できます。
      終点にしたい位置でダブルクリックすることで完成します。
      ポリライン
  4. 描画完了後、PDFツールバーの [描画] をクリックして、描画ボタンを無効化することで操作を終了します。
  5. [名前を付けて保存] をクリックして、ファイルを保存します。
    名前を付けて保存

下図は、矢印を挿入した操作例です。
矢印の例

【操作手順】

  1. 描画ツールの [矢印] (赤枠)をクリックします。
  2. 線の太さと種類を決めます。(青枠左)
  3. 線の色を決めます。(青枠右)
  4. 始点(図の左下)の位置を決めてクリックします。
  5. 終点(図の右下)の位置を決めてクリックします。
  6. 描画ツールの [矢印] をクリックして操作を終了します。
  7. [名前を付けて保存] をクリックして、ファイルを保存します。
カテゴリー: PDF 編集 タグ: , |

メモ(注釈)の挿入方法

ABBYY FineReader 14 では、PDF文書内の文字に、注釈を挿入できます。
本ページでは、PDF文書内に、注釈を挿入する方法をご案内いたします。

【操作手順】

  1. 編集したいPDFファイルを右クリック > [ABBYY FineReader 14 で編集する] をクリックします。
    ショートカットOCR
    または、新しいタスクのウィンドウで [PDFを開く] をクリックして、対象のPDFファイルを指定します。
  2. PDFファイルが開いた後、[表示][PDFツールの表示] をクリックします。
    その後、 [表示][コメントペインの表示] をクリックします。
    [PDFツールの表示][コメントペインの表示]の両方にチェックが入った状態にします。
    コメントペインの表示
  3. PDFツールバーの [メモ] をクリックします。
  4. メモを追加したい文字列を選択し、ウィンドウ右に表示されるコメントボックス内にテキストを入力します。
    文字列以外の部分に挿入したい場合、目的の位置をクリックします。
    メモの追加
  5. 入力完了後、コメントボックスの外側の空白部をクリックします。
  6. すべての操作が完了後、PDFツールバーの [メモ] をクリックして無効化します。
  7. [名前を付けて保存] をクリックして、ファイルを保存します。
    名前を付けて保存
カテゴリー: PDF 編集 タグ: , |

ウォーターマークの追加方法

本ページでは、ABBYY FineReader 14 を使い、PDFにウォーターマークを追加する方法をご案内いたします。

【操作手順】

  1. 編集したいPDFファイルを右クリック > [ABBYY FineReader 14 で編集する] をクリックします。
    ショートカットOCR
    または、新しいタスクのウィンドウで [PDFを開く] をクリックして、対象のPDFファイルを指定します。
  2. PDFファイルが開いた後、PDFツールバーの [ウォーターマーク][ウォーターマークの追加] をクリックします。
    PDFツールバーが表示されていない場合、[表示][PDFツールの表示] をクリックします。
    ウォーターマークボタン
  3. ウォーターマークの追加ウィンドウが開くので、ウィンドウ左の「ページ上のロケーション(プレビュー)」で、9つのセルの中から、目的の位置をクリックします。配置状況はプレビュー画面に表示されます。
    ウォーターマークの配置
  4. ウィンドウ右のテキストボックスに、挿入したい文字を入力します。
    フォーマットのプルダウンリストから、フォントとフォントサイズを選択します。
    その下のボタンは、太字、斜体、カラーなどを指定できます。
    ウォーターマークテキスト
  5. 回転の角度や透明度を調整します。
    回転と透明度
  6. 可視性では、ウォーターマークの表示を前面表示にするか、背面表示にするかを選択します。
    配置レイヤーの選択
  7. 表示させるページを指定して、[保存と追加] をクリックします。
    ページ指定
カテゴリー: PDF 編集 タグ: , |

ABBYY FineReaderの上位エディションへのアップグレード

ABBYY FineReader 14 では、下位エディションから上位エディションへのアップグレードが、アップグレードライセンスの購入のみで可能となりました。(2018年 2月現在)
※アップグレードライセンスの購入には、旧バージョンのライセンスが必要

ABBYY FineReader 14 にアップグレードいただくには、目的のエディションのアップグレードライセンスを、購入ページよりご購入ください。

【アップグレード例】

  • [お持ちのライセンス] ABBYY FineReader 14 スタンダード エディション
    » [アップグレード] ABBYY FineReader 14 エンタープライズ エディション
  • [お持ちのライセンス] ABBYY FineReader 11 プロフェッショナル エディション
    » [アップグレード] ABBYY FineReader 14 エンタープライズ エディション

どちらの場合も、アップグレード後のライセンスとなる、ABBYY FineReader 14 エンタープライズ エディション シングルライセンス(FR14EU-ESD) をご購入いただくことで、アップグレードが可能です。コンカレントライセンスについては、別途お問い合わせください。

各エディションの違いは、エディション別機能比較表ABBYY FineReader のエディションの違いについて をご参照ください。

また、ABBYY FineReader 以外の一部 ABBYY 社製品についても、アップグレードライセンスをご購入いただくことで、ABBYY FineReader 14 をご利用いただけます。
※アップグレードライセンスの購入には、お持ちの製品のライセンスが必要

【対象ライセンス一例】

  • ABBYY FineReader Sprint 12
  • ABBYY PDF Transformer +

その他のアップグレード対象製品や、アップグレードに関する詳細は、ABBYY FineReader 14 へのアップグレードについて をご参照ください。

他の製品から ABBYY FineReader に移行される前に、まずは、30日間無料の試用版にて動作をご確認ください。
試用版のダウンロードページ よりダウンロードいただけます。

カテゴリー: エディション, 購入 タグ: , |

PDF文書の強調表示、挿入テキスト、下線、取り消し線の挿入方法

ABBYY FineReader 14 では、PDF文書内の文字の強調表示(マーカー)や、下線、取り消し線を挿入することができます。
以下に、操作手順をご案内いたします。

【操作手順】

  1. 編集したいPDFファイルを右クリック > [ABBYY FineReader 14 で編集する] をクリックします。
    ショートカットOCR
    または、新しいタスクのウィンドウで [PDFを開く] をクリックして、対象のPDFファイルを指定します。
  2. PDFファイルが開いた後、PDFツールバーのコメントツール(下図)を使用します。
    PDFツールバーが表示されていない場合、[表示][PDFツールの表示] をクリックします。
    Commentbutton

    • 強調表示(マーカー)は、上図右の [ab] の左上のボタン(赤枠)をクリックします。
    • 挿入テキストは、上図右の [ab] の右上のボタン(緑枠)をクリックします。
    • 下線は、上図右の [ab] の左下のボタン(青枠)をクリックします。
    • 取り消し線は、上図右の [ab] の右下のボタン(黄枠)をクリックします。

【強調表示(マーカー)】

  1. 強調表示ボタン(下図赤枠)をクリック後、任意の文章をドラッグ&ドロップで選択します。
    カラーパレットから任意の色を選択できます。
    強調表示
  2. ページの空白部をクリックして選択状態を解除します。
  3. 操作完了後、強調表示ボタンをクリックして無効にした後、メインツールバーで [保存] または [名前を付けて保存] をクリックすると、編集後のファイルを保存できます。
    PDF編集後の保存
    検索可能なPDFファイルとして保存したい場合は、メインツールバーの [認識][OCRエディタで認識、検証する]をクリックして、OCRエディタに移動してファイルを保存します。
    OCRエディタに移動
    OCRエディタの詳しい操作方法は、OCRエディタについてをご参照ください。

【挿入テキスト】

  1. [挿入テキスト](下図緑枠)をクリック後、文中の任意の位置をクリックします。
    カラーパレットから任意の色を選択できます。
    Insert text
  2. コメントボックスに任意のテキストを入力します。
    テキスト入力後、コメントボックスの外側の空白部をクリックします。
    挿入したテキストを削除したい場合、マークをクリックして [Delete] キーを押下するか、右クリック > [削除] をクリックします。
  3. 操作完了後、[テキストの挿入] をクリックして無効にした後、メインツールバーで [保存] または [名前を付けて保存] をクリックすると、編集後のファイルを保存できます。
    PDF編集後の保存
    検索可能なPDFファイルとして保存したい場合は、メインツールバーの [認識][OCRエディタで認識、検証する]をクリックして、OCRエディタに移動してファイルを保存します。
    OCRエディタに移動
    OCRエディタの詳しい操作方法は、OCRエディタについてをご参照ください。

【下線の挿入】

  1. [下線](下図青枠)をクリック後、任意の文章をドラッグ&ドロップで選択します。
    カラーパレットから任意の色を選択できます。
    下線挿入
  2. ページの空白部をクリックして選択状態を解除します。
  3. 操作完了後、[下線]をクリックして無効にした後、メインツールバーで [保存] または [名前を付けて保存] をクリックすると、編集後のファイルを保存できます。
    PDF編集後の保存
    検索可能なPDFファイルとして保存したい場合は、メインツールバーの [認識][OCRエディタで認識、検証する]をクリックして、OCRエディタに移動してファイルを保存します。
    OCRエディタに移動
    OCRエディタの詳しい操作方法は、OCRエディタについてをご参照ください。

【取り消し線の挿入】

  1. [取り消し線](下図黄枠)をクリック後、任意の文章をドラッグ&ドロップで選択します。
    カラーパレットから任意の色を選択できます。
    取り消し線
  2. ページの空白部をクリックして選択状態を解除します。
  3. 操作完了後、[取り消し線]をクリックして無効にした後、メインツールバーで [保存] または [名前を付けて保存] をクリックすると、編集後のファイルを保存できます。
    PDF編集後の保存
    検索可能なPDFファイルとして保存したい場合は、メインツールバーの [認識][OCRエディタで認識、検証する]をクリックして、OCRエディタに移動してファイルを保存します。
    OCRエディタに移動
    OCRエディタの詳しい操作方法は、OCRエディタについてをご参照ください。
カテゴリー: PDF 編集 タグ: , |

PDF文書の編集方法

ABBYY FineReader 14 では、テキストの追加、位置変更、削除、画像の挿入など、PDF文書の編集が可能です。以下に、操作手順をご案内いたします。

【操作手順】

  1. 編集したいPDFファイルを右クリック > [ABBYY FineReader 14 で編集する] をクリックします。
    ショートカットOCR
    または、新しいタスクのウィンドウで [PDF を開く] をクリックして、対象のPDFファイルを指定します。
  2. PDFファイルが開いた後、PDFツールバー(下図)を使用します。
    PDFツールバーが表示されていない場合、[表示][PDFツールの表示] をクリックします。
    PDFツール

    • 文書内にテキストを追加する場合は、[テキスト](上図赤枠)をクリックします。
    • 文書内のテキストや画像を編集する場合は、[編集](上図緑枠)をクリックします。
    • 文書内のテキストや画像を削除する場合は、[消去](上図青枠)をクリックします。
    • 文書内に画像を挿入する場合は、[画像](下図黄色枠)をクリックします。

    ※ 画像PDFの場合でも、ABBYY FineReader が一時的にテキストレイヤーを作成し、テキストの編集を可能にします。

【テキストの追加】

  1. [テキスト]をクリック後、任意の場所をクリック または ドラッグ&ドロップで範囲選択して、テキストボックスを作成します。
  2. テキストツールバー(下図)で、フォント、フォントサイズ、フォントスタイルを指定します。
    PDFツール フォント設定
  3. 文章を入力します。
    入力完了後、テキストボックスの外側の空白部をクリックして、[適用]をクリックします。
    または、ボックス内を右クリックして、[適用]をクリックします。
  4. [テキスト]をクリックして無効にした後、メインツールバーで [保存] または [名前を付けて保存] をクリックすると、編集後のファイルを保存できます。
    PDF編集後の保存
    検索可能なPDFファイルとして保存したい場合は、メインツールバーの [認識][OCRエディタで認識、検証する]をクリックして、OCRエディタに移動してファイルを保存します。
    OCRエディタに移動
    OCRエディタの詳しい操作方法は、OCRエディタについてをご参照ください。

【テキストの編集】

  1. [編集]をクリック後、編集したいテキストボックスをクリックします。
  2. テキストツールバーで、フォント、フォントサイズ、フォントスタイルを指定します。
    PDFツール フォント設定
  3. テキストボックス内の文章を編集します。
  4. 編集完了後、テキストボックスの外側の空白部をクリックします。
    文章の位置を移動したい場合、テキストボックスの外枠をクリックして、ドラッグ&ドロップで移動します。
  5. [編集]をクリックして無効にした後、メインツールバーで [保存] または [名前を付けて保存] をクリックすると、編集後のファイルを保存できます。
    PDF編集後の保存
    検索可能なPDFファイルとして保存したい場合は、メインツールバーの [認識][OCRエディタで認識、検証する]をクリックして、OCRエディタに移動してファイルを保存します。
    OCRエディタに移動
    OCRエディタの詳しい操作方法は、OCRエディタについてをご参照ください。

【テキストの削除】

  1. [消去]をクリック後、編集したい文章をドラッグ&ドロップで範囲選択します。
  2. [消去]をクリックして無効にした後、メインツールバーで [保存] または [名前を付けて保存] をクリックすると、編集後のファイルを保存できます。
    PDF編集後の保存
    検索可能なPDFファイルとして保存したい場合は、メインツールバーの [認識][OCRエディタで認識、検証する]をクリックして、OCRエディタに移動してファイルを保存します。
    OCRエディタに移動
    OCRエディタの詳しい操作方法は、OCRエディタについてをご参照ください。

【画像の挿入】

  1. [画像]をクリック後、挿入したい画像ファイルを指定します。
    ※画像の挿入後、[画像]は無効になり、[編集]が有効になります。
  2. 画像が挿入された後、ドラッグ&ドロップで、画像を任意の位置まで移動します。
    画像サイズは、画像が選択された状態で、画像の端をマウスで引っ張ることで調整できます。
  3. 画像の配置完了後、画像の外側の空白部をクリックします。
  4. [編集]が有効になっているため、クリックして無効にした後、メインツールバーで [保存] または [名前を付けて保存] をクリックすると、編集後のファイルを保存できます。
    PDF編集後の保存
    検索可能なPDFファイルとして保存したい場合は、メインツールバーの [認識][OCRエディタで認識、検証する]をクリックして、OCRエディタに移動してファイルを保存します。
    OCRエディタに移動
    OCRエディタの詳しい操作方法は、OCRエディタについてをご参照ください。
カテゴリー: PDF 編集 タグ: , |