OCR で変換したファイルの機密情報の削除について

FineReader 12 では、認識したテキストから機密情報部分だけを簡単に削除(伏字)にできます。
この機能を使用することで、変換後のファイルで、指定部分のみを伏字にすることが可能です。

  1. [ツール][編集モード] をクリックするか、メイン ツールバーの Redaction-buttonボタンをクリックします。
  2. テキストウィンドウ(ウィンドウ右側)で、マーカーを使用して隠すテキストを黒く塗りつぶします。
    Removing_Conf

    ※ 誤って文字を黒く塗りつぶした場合は、 Ctrl + Z を押すか、またはメイン ツールバーで
    [元に戻す] ボタンをクリックして、直前に行った編集を元に戻すことができます。

  3. [保存] をクリックします。
  4. 編集されたテキストは、出力文書ではドット(…)として表示されます。
    選択した保存形式がテキストや背景色に対応している場合、文字が黒色の長方形で表示されます。
    Removing_Confidential_Information
  5. [ツール][編集モード] をクリックするか、Redaction-buttonボタンをクリックして編集モードを終了します。
カテゴリー: 保存, 応用操作   タグ: ,   この投稿のパーマリンク