Hot Folder の登録方法

FineReader には、OCR処理から変換したファイルを保存するまでの一連の操作を、バッチ処理のように自動実行する「自動タスク」「Hot Folder」という 2つの機能が搭載されています。
本ページでは、Hot Folder の登録方法をご案内いたします。

不定期に OCR処理を実行される場合には、自動タスクの利用が適しております。
登録方法は、自動タスクの登録方法 をご参照ください。

※ 本機能はスタンダードエディションではご利用いただけません。
「コーポレートエディション」と「エンタープライズエディション」のみでご利用いただけます。

Hot Folderを使用することで、指定したフォルダ内のファイルに、定期的にOCR処理とファイル変換を自動実行することができます。
ただし、OCR処理中はフォルダの監視を中止し、OCR処理の完了後、次のタイミングでフォルダ監視を再開します。

【操作手順】

  1. [ツール][Hot Folder] をクリックします。FineReader14 HotFolder
  2. Hot Folderが開くので、メニュー左の [新規] をクリックします。Hot Folder の作成
  3. タスク設定画面で「タスク名」に任意の名前を入力します。
    「スケジュール」の [反復] をクリックして、「手順1:反復」のタスクの開始頻度で、OCR処理を実行するタイミングを選択します。
    常時監視をご希望の場合は、「1分に 1回」を選択してください。
    Hot Folder 01
  4. 「開く」の [フォルダからのファイル] をクリックして、「手順2:フォルダからファイルを開く」の項目で、以下の内容を設定します。
    • フォルダ:[参照] をクリックして、OCR処理を実行したいフォルダを指定します。
    • ファイルの種類:[すべての画像ファイルと PDF ファイル] を選択します。
    • 元のファイル:OCR処理完了後の、元のファイルの移動先を選択します。
      別のフォルダに移動する場合、[参照] をクリックして移動先のフォルダを指定します。

    Hot Folder 02

  5. 「処理」の [文書を処理] をクリックして「手順3:画像を分析、認識する」 の項目で、以下の内容を設定します。
    • ドキュメントの言語:[編集] をクリックして文書に使用されている言語を指定します。
    • 文書処理設定:[ページ画像の認識(画像の予備処理を含む)] を選択します。
      [認識オプション][予備処理オプション] で、細かな設定が行えます。
    • ドキュメント分析設定:[領域を自動的に分析する] を選択します。
      作成済みのテンプレートをご利用の場合には、[次のエリアテンプレートを使用する] を選択し、[参照] をクリックしてテンプレートを指定します。
      テンプレートの作成方法は、テンプレートを作成して読み取る方法をご参照ください。

    Hot Folder 03

  6. 「保存」の [結果の保存] をクリックして [名前を付けてドキュメントを保存] を選択します。
    「手順4:名前を付けてドキュメントを保存」 の項目で、以下の内容を設定します。
    • 名前を付けて保存:保存するファイル形式を選択します。
      [オプション] で、文書レイアウトや画像の解像度などの詳細を設定できます。
    • フォルダ:[参照] をクリックして、保存先を指定します。
    • 出力:ファイルの保存方法を以下より選択します。
      • すべてのファイルのために 1 つのドキュメントを作成する:すべてのファイルをまとめて 1 つのファイルとして保存します。
      • 各ファイルに対して個別のドキュメントを作成する:ファイル毎に保存します。
      • 各フォルダに対して個別のドキュメントを作成する:フォルダ毎に 1 つのファイルとして保存します。
    • ファイル名:保存するファイル名を入力します。
    • ファイル名に次の情報を含める:
      • 日付:クリックするとファイル名に保存時の日付が含まれます。
      • 時間:クリックするとファイル名に保存時の時刻が含まれます。
      • ファイルカウンタ:ファイル名に 4桁のファイル番号が含まれます。

    Hot Folder 04
    ※操作画面の文字に抜けがございますが、修正対応を依頼しております。

  7. すべての設定完了後に、[OK] をクリックします。
  8. Hot Folder の画面に、登録したタスクが追加されていれば完了です。
カテゴリー: 自動処理   タグ: ,   この投稿のパーマリンク