製品名の変更と保守費用について

ABBYY FineReader 15 は、2020年 06月 02日(モスクワ時間)付けで、製品名が ABBYY FineReader PDF 15 に変更されました。
これに伴い、以下のライセンスには、年間保守(以降、SMUA)の購入が必須となりました。

また、シングルライセンスとボリュームライセンス(PerSeat)の違いを明確化させるため、ボリュームライセンスの表記をシートライセンスに変更し、一部の品番を変更致しました。

“製品名の変更と保守費用について” の続きを読む

保守費用は発生しますか

ABBYY FineReader for Windows のシングルライセンスのみ、保守費用は発生しません。
その他のライセンスについては、年間保守費用の初年度分が含まれております。(翌年度以降は自動更新)

保守費用の対象ライセンスについては、製品名の変更と保守費用についてをご参照ください。

製品に関するお問い合わせは、お問い合わせページからご連絡ください。
ご連絡内容を拝見後、3営業日以内にEメールにてご連絡させていただきます。

製品サポートの詳細については、製品サポートについて をご参照ください。

  • ABBYY FineReader PDF 15 以降の、シートライセンス、リモートライセンス、コンカレントライセンスでは、年間保守費用(SMUA)が発生します。
  • サーバー型の ABBYY FineReader Server では、年間保守費用(SMUA)が発生します。

シートライセンスとは

シートライセンスとは、法人での業務利用に適したライセンスです。
シングルライセンスと同じく、固定端末での利用を前提としています。
大きな違いとしては、多数の社員が各自のパソコンで業務を行う企業での利用を想定しているため、大規模展開(インストール)に対応しています。

以下に、シートライセンスのメリットとデメリットをご案内します。
簡単な機能比較については、「ライセンス比較表」をご参照ください。

“シートライセンスとは” の続きを読む

CD-ROM版はありますか

大変申し訳ございませんが、FineReader 15 からは、メディア(CD-ROM) 販売が終了いたしました。
ダウンロード版の納品方法は、「インストーラーのダウンロードURL」 と 「シリアル番号」 を Eメールで納品させていただきます。

また、バックアップ用途でメディアを必要とされる場合、ライティングソフトウェアをご利用いただき、CD-R に書き込みいただくか、600MB 以上の空き容量がある USBフラッシュメモリに保存いただくことをご提案します。