自動処理の無効化

本ページでは、ABBYY FineReader の自動処理を無効化する方法をご案内いたします。

【操作手順】

  1. ABBYY FineReader を開き、[ツール][オプション] をクリックします。
  2. [画像処理] をクリックし、「ページの画像がOCRエディタに追加されたら自動で処理する」 のチェックを外します。
    画像処理オプション
  3. [OK] をクリックします。

特定処理のみを有効にしたい場合、「ページの画像がOCRエディタに追加されたら自動で処理する」 にチェックを入れ、有効化したい内容を選択します。
以下に、各設定内容についてご案内いたします。

  • ページ画像を認識する(予備処理と分析を含む)
    画像の予備処理、文書データの分析、OCR処理 のすべてを自動で実行します。
  • ページ画像を分析する(予備処理を含む)
    画像の予備処理と文書の分析を自動的に実行します。
    OCR処理は自動実行されませんので、手動で認識を実行する必要があります。
  • ページ画像の事前処理
    画像の予備処理のみを自動で実行します。
    文書データの分析とOCRは自動実行されませんので、認識領域の設定と認識処理を手動で実行する必要があります。

画像の予備処理設定は、本設定画面の下部にある [詳細設定を表示する] をクリックすることで、すべての設定項目をご確認いただけます。

PDFの編集

OCRソフトの ABBYY FineReader は、バージョン 14 以降で PDFの編集 に対応しました。
本機能では、テキストの編集、画像の配置、ページ整列、ブックマーク、メタデータ編集、署名、機密情報の削除、パスワード保護などの作業が可能となります。

本ページでは、ABBYY FineReader による PDFの編集についてご案内します。

“PDFの編集” の続きを読む

Hot Folder で登録した情報の移行手順

フォルダ監視型バッチ処理機能 ABBYY Hot Folder で登録されているタスク情報を、別のコンピューターに移行する方法をご案内いたします。

ユーザーパターンと言語を使用していない場合、操作手順の 1 と 5 は不要です。
領域テンプレートを使用していない場合、操作手順の 2 と 6 は不要です。
どちらも使用していない場合、操作手順 3 のみを実行してください。

“Hot Folder で登録した情報の移行手順” の続きを読む