ABBYY FineReader PDF Subscription の料金について

ABBYY FineReader PDF の Subscription(サブスクリプション)モデルは、年払いの OCRソフトです。

ご購入時に 1年間(365日)の利用料金をお支払いいただき、その後の費用請求 および 自動課金はございません。

翌年度の更新も、お客様の意思なく自動課金されることはございません。

ご利用を継続いただく場合は、有効期限日より前に「購入ページ」より、ライセンスを新たにご購入ください。

サブスクリプションの解約方法

OCR ソフト ABBYY FineReader PDF のサブスクリプションライセンスでは、解約に特別な手続きを必要としません。

利用期間が経過した後、ライセンスは自動的にサービスを停止します。

翌年度の利用料金が自動課金されることもありません。

解約後に利用を再開されたい場合は、購入ページ よりライセンスをご購入ください。
ご入金確認後に、1年間(365日)ご利用いただけるライセンス(シリアル番号)を、Eメールにてご案内いたします。

SMUA(年間保守)に関する注意事項

本内容は買い切り型のライセンスをご購入されたお客様のみが対象となります。

2022年 6月 1日以降に販売している、Time-limited、Subscription については対象外となります。

  • シングルライセンスを除くすべての製品に対して、年間保守費用が発生いたします。
  • 本ページに掲載されている価格は、年間保守費用を含む価格となります。
  • 2年目以降は年次更新となり、自動更新されます。
  • SMUA の解約をご希望の場合、更新期限の 45日前迄に申し出ください。
    期限を経過しますと、ABBYY社にて更新処理が実行されます。
  • 解約可能な期日までに、お申し出がない場合、年間保守費用を請求させていたきます。
  • 期限経過後に解約のお申し出を受けた場合でも、年間保守費用は発生しますのでご注意ください。
  • SMUA の解約後、本製品に関するサポートおよびアップデートなどの提供が停止されます。
    いかなるお問い合わせについても、ご回答をいたしかねます。

OCR 処理に使用する CPU コア数について

ABBYY FineReader PDF 15 では、CPU で使用可能なコア数 (N) から 1 を引いたコア数 (N-1) を使用できます。

ユーザーが ABBYY FineReader PDF を起動した後、N-1 のコア数を使った バックグラウンドの実行処理* が開始されます。

例: PC に搭載された CPU が、Intel Core i5-12400 の場合、6コア CPU となるため、N-1= 5 のコア数を使用します。

設定を変更して、使用する CPU コア数を制限することも可能です。
コア数の制限は、パフォーマンスの低下に繋がるため、既定値でのご利用を推奨します。
PC への負荷軽減などが必要となる場合にご活用ください。

“OCR 処理に使用する CPU コア数について” の続きを読む

縦書きの文書の読み取りについて

OCRソフトの ABBYY FineReader PDF では、縦書き文書の読み取りに対応しています。

操作画面上では、右に 90度回転した状態で表示 (下図) されますが、これは表示上だけの問題です。
テキスト表示に HTML を使用しているため、このような現象が発生いたします。

Word ファイルなどに出力いただくと、縦書き文書として出力されますので、ご安心ください。

“縦書きの文書の読み取りについて” の続きを読む

Apache Log4j の脆弱性 (CVE-2021-44228) による影響について

ABBYY FineReader PDF 15 は Apache Log4j の脆弱性 (CVE-2021-44228) による影響を受けません。

本脆弱性による影響はありませんが、様々な脆弱性による問題を回避するためには、アプリケーションを最新の状態でご利用いただくことが、最善のセキュリティ対策です。

“Apache Log4j の脆弱性 (CVE-2021-44228) による影響について” の続きを読む