画像編集機能の画像エディタ

OCRソフトの ABBYY FineReader では、OCR対象となる画像に対して、反転や解像度の補正などの画像編集に対応した、画像エディタという機能がございます。
本ページでは、解像度補正を例に、画像エディタによる画像編集の手順をご案内します。

本内容は、OCRエディタを使用した操作となります。
OCRエディタについては、高度なOCRとファイル変換をご参照ください。

“画像編集機能の画像エディタ” の続きを読む

高度なOCRとファイル変換

ABBYY FineReader では、OCRエディタという機能を使用することで、画像編集、認識領域の変更、領域テンプレートの作成、認識結果の修正といった、より高度な OCR処理が可能となります。
本ページでは、OCRエディタの使用手順をご案内します。

  • 本ページの内容は、中級者~上級者向けとなります。
  • 初心者の方は、以下のリンク先をご参照ください。

“高度なOCRとファイル変換” の続きを読む

領域テンプレートとは

領域テンプレートとは、ユーザーが設定した認識領域をテンプレート(雛型)として使用できる機能です。ファイルとして保存して、必要に応じて読み込むことができます。

請求書など定形書式のPDFファイルを変換する場合、領域テンプレートを作成しておくことで、認識領域を調整する必要がなく、以前と同じレイアウトでOCR処理を実行できます。
バッチ処理 と組み合わせることで、同じ書式の文書を特定のフォルダに移動するだけで、OCR処理とファイル変換を繰り返すこともできます

領域テンプレートの作成手順は、以下の通りです。

“領域テンプレートとは” の続きを読む