自動処理の無効化

本ページでは、ABBYY FineReader の自動処理を無効化する方法をご案内いたします。

【操作手順】

  1. ABBYY FineReader を開き、[ツール][オプション] をクリックします。
  2. [画像処理] をクリックし、「ページの画像がOCRエディタに追加されたら自動で処理する」 のチェックを外します。
    画像処理オプション
  3. [OK] をクリックします。

特定処理のみを有効にしたい場合、「ページの画像がOCRエディタに追加されたら自動で処理する」 にチェックを入れ、有効化したい内容を選択します。
以下に、各設定内容についてご案内いたします。

  • ページ画像を認識する(予備処理と分析を含む)
    画像の予備処理、文書データの分析、OCR処理 のすべてを自動で実行します。
  • ページ画像を分析する(予備処理を含む)
    画像の予備処理と文書の分析を自動的に実行します。
    OCR処理は自動実行されませんので、手動で認識を実行する必要があります。
  • ページ画像の事前処理
    画像の予備処理のみを自動で実行します。
    文書データの分析とOCRは自動実行されませんので、認識領域の設定と認識処理を手動で実行する必要があります。

画像の予備処理設定は、本設定画面の下部にある [詳細設定を表示する] をクリックすることで、すべての設定項目をご確認いただけます。

領域テンプレートとは

領域テンプレートとは、ユーザーが設定した認識領域をテンプレート(雛型)として使用できる機能です。ファイルとして保存して、必要に応じて読み込むことができます。

請求書など定形書式のPDFファイルを変換する場合、領域テンプレートを作成しておくことで、認識領域を調整する必要がなく、以前と同じレイアウトでOCR処理を実行できます。
バッチ処理 と組み合わせることで、同じ書式の文書を特定のフォルダに移動するだけで、OCR処理とファイル変換を繰り返すこともできます

領域テンプレートの作成手順は、以下の通りです。

“領域テンプレートとは” の続きを読む

フォント設定について

ABBYY FineReader では原則として、読み取ったファイルで使用されているフォントで文書を出力します。
ただし、ABBYY FineReader でフォントが無効となっている場合は、自動で代替のフォントが使用されます。

本ページでは、ABBYY FineReader で使用するフォントを設定する方法をご案内します。

“フォント設定について” の続きを読む