高度なOCRとファイル変換

ABBYY FineReader では、OCRエディタという機能を使用することで、画像編集、認識領域の変更、領域テンプレートの作成、認識結果の修正といった、より高度な OCR処理が可能となります。
本ページでは、OCRエディタの使用手順をご案内します。

  • 本ページの内容は、中級者~上級者向けとなります。
  • 初心者の方は、以下のリンク先をご参照ください。

【操作手順】

  1. スタートメニュー をクリックして、[ABBYY FineReader 14 OCRエディタ] をクリックします。
    スタート>OCRエディタ
  2. [ツール][オプション][言語]タブで、「OCR言語を手動で指定」を選択して、目的の言語にチェックを入れます。
    OCR言語の選択
  3. [画像処理]タブに移動します。
    OCRの自動処理設定を変更したい場合、自動処理を無効化ページを参考にして設定します。
    画像の予備処理設定を変更したい場合、[詳細設定を表示する] をクリックすると、下図設定画面が開きます。
    画像の予備処理設定
  4. [形式設定]タブに移動します。
    ドキュメントタイプで出力する文書形式の選択後、文書レイアウトを選択します。
    その後、目的の項目にチェックを入れて [OK] をクリックします。
    形式設定
  5. [開く]ボタン をクリックして、OCR処理の対象となるファイルをダブルクリックします。
    または、ファイル選択後にエクスプローラ(下図画面)の [開く] をクリックします。
    画像を開く
  6. 認識領域の変更や、認識結果の修正、領域テンプレートの作成などを実行します。
  7. をクリックして目的のフォーマットを選択します。
  8. 保存ボタンのブルダウンリストから、保存するファイル形式を選択します。
    (テキストやCSVなどの表示されていない形式は、[他の形式で保存] を選択)
    保存形式の選択
  9. ファイルの種類を確認して、目的のファイル形式になっていなければ、下図赤枠部をクリックして目的のファイル形式を選択します。
    問題がなければ、[保存] をクリックします。
    ファイルの種類を指定して保存