OCRのバッチ処理とは

ABBYY FineReader のバッチ処理とは、コーポレートエディションとエンタープライズエディションに搭載されている、Hot Folder 機能のことを示しています。

本ページでは、Hot Folder で実行できる、OCRのバッチ処理についてご案内します。

Hot Folder を使用することで、ABBYY FineReader は、特定のフォルダ内のファイルを監視します。
1分に1回、毎日(時刻指定可能)、毎週(曜日単位)、毎月のタイミングで、フォルダ内を確認し、対象となるファイルを確認できれば、OCR処理を実行して、予め指定していたファイル形式に自動で変換します。

例えば、PDFファイルで届く請求書を、Excel データとして定期的に変換したい場合、以下のような運用が可能です。

  1. 「PDF請求書」フォルダ内のファイル(.pdf)に対して、領域テンプレートを使用して OCR処理を実行。
  2. OCR処理後に Excelファイル(.xlsx)に変換して、「XLSX請求書」フォルダに保存。
  3. OCR処理後のオリジナル文書(PDF)は、「原本」フォルダに移動。
  4. 1~3までの動作を、毎日 12:00 に自動実行。

※領域テンプレートは、事前に作成する必要があります。