コマンドラインでの文書変換

ABBYY FineReader PDF 15 の R7 (15.0.115.5572) より、コマンドラインインターフェース (CLI) でのファイル変換に対応しました。
本ページでは、CLI で文書を変換する方法をご案内します。

文書を編集可能な形式に変換するには、以下のようにコマンドを実行します。

FineReaderOCR.exe <ImageSourceCommands> <RecognitionCommands> <ExportCommands>

FineReaderOCR.exe FineReaderOCR.exe のファイルのパスを指定
<ImageSourceCommands> 認識するオリジナル文書のパス または スキャナーを指定
/scan [スキャナ名]
<RecognitionCommands> 認識パラメータを指定。

OCRに使用する言語を指定します。(例:/lang Japanese)

複数の認識言語を指定する場合スペースで区切ります。(例:/lang Japanese English)

認識言語のパラメータは、コマンドライン用の LangName パラメータ値 を参照
<ExportCommands> 認識結果の変換形式を指定

  • MSWord » Microsoft Word
  • MSExcel » Microsoft Excel
  • OpenOffice » Apache OpenOffice
  • Mail » 使っているメールアプリケーション
    (結果はMicrosoft Word 形式)
  • Clipboard » クリップボード
  • WebBrowser » デフォルトのウェブブラウザ
  • PDFViewer » デフォルトのPDFビューア
  • PowerPoint » Microsoft PowerPoint

より詳しい内容は、アプリケーション内のヘルプをご参照ください。

コマンド例

下記のコマンドでは、日本語と英語が混在した SAMPLE.pdf というファイルを、OCRエディターで Microsoft Word に変換して開きます。

“C:\Program Files (x86)\ABBYY FineReader 15\FineReaderOCR.exe” D:\Documents\SAMPLE.pdf /lang Japanese English /send MSWord

  • 表示された結果は、各アプリケーションで保存(手動)いただけます。
  • 通常のライセンスでは、CLI で結果を保存することはできません。
  • CLI での結果を保存するには、別売のライセンスが必要です。