音声読み上げに対応したPDFへの変換

ABBYY FineReader PDF 15 では、音声読み上げに対応した PDFファイル (PDF/UA) を作成できます。
新規作成はもちろん、既存の Word や PDF ファイルを、読み上げに対応した PDFとして保存することが可能です。

本ページでは、一般的な PDF文書を読み上げに対応した PDF に変換する方法をご案内します。

PDFエディタ (PDFを開く) での変換方法

【操作手順】

  1. ABBYY FineReader PDF 15 を起動して、[PDFを開く] をクリックします。
    FineReader PDR 15 Home
  2. 対象のファイルを選択して [開く] をクリックします。
  3. 画面上のメニューバーで [ツール][オプション] をクリックします。
  4. [形式設定] タブで 「PDF/UA文書を作成 (OCRが必要)」 にチェックを入れます。
    PDF-UA設定
  5. [OK] をクリックします。
  6. [名前を付けて保存] をクリックして、リストから「検索可能 PDF文書」を選択し、名前を付けてファイルを保存します。
    検索可能PDFとして保存

読み上げる内容は OCR処理によって得られたテキストです。
内容を修正したい場合は、OCRエディタでテキストレイヤーを編集します。
以下は OCRエディタで編集した後、読み上げに対応した文書として保存する方法です。

OCRエディタで開く場合

【操作手順】

  1. ABBYY FineReader PDF 15 を起動して、[OCRエディタで開く] をクリックし、対象の PDFファイルを選択して [開く] をクリックします。
  2. 画面上のメニューバーで [ツール][オプション] をクリックします。
  3. [形式設定] タブで 「PDF/UA文書を作成 (OCRが必要)」 にチェックを入れます。
    PDF-UA設定
  4. [OK] をクリックします。
  5. 認識ボタンをクリックして、OCRを開始します。(認識済みの場合は不要)
  6. 画面右のテキストペインで OCR結果のテキストを編集します。
    この画面のテキスト情報が、音声読み上げの対象となります。
  7. 保存ボタン をクリックして、リストから「検索可能なPDFとして保存」を選択し、名前を付けてファイルを保存します。
  • Word や Excel を読み上げに対応した PDFに変換することも可能です。
  • ABBYY FineReader PDF 15 では、読み上げ機能が搭載されていません。 (R7時点)
  • 読み上げ機能を搭載したアプリケーションをご利用ください。(Acrobat Reader など)