作業途中の状態を保存する

OCRソフトの ABBYY FineReader は、OCRエディタを作業途中の状態で保存できます。
保存される内容には、「ソース画像」、「認識済みのテキスト」、「プログラム設定」、「ユーザーパターン」、「言語」、「作成済みの言語グループ」が含まれています。

OCRプロジェクトという本機能を使用することで、後日、同じ作業地点から作業を再開できます。

本ページでは、OCRプロジェクトとして作業状態を保存する手順と、保存したOCRプロジェクトから作業を再開する手順をご案内します。

OCRプロジェクトを保存

【操作手順】

  1. OCRエディタのメニューバーで [ファイル] をクリックします。
  2. [OCRプロジェクトを保存] をクリックします。
    OCRプロジェクト
  3. 保存先に移動して、OCRプロジェクト名を入力後に [保存] をクリックします。
    OCRプロジェクトの保存
  • OS 内の言語パックは保存されません。
  • 本サイトの掲載内容は、すべて Windows 版の内容となります。

保存した OCRプロジェクトを開く

【操作手順】

  1. FineReader のメニューバーにある [ファイル] をクリックします。
  2. [OCRプロジェクトを開く] をクリックします。
    OCRプロジェクトを開く
  3. 目的の OCRプロジェクトを選択して、[フォルダーの選択] をクリックします。
    OCRプロジェクトの選択