画像編集機能の画像エディタ

OCRソフトの ABBYY FineReader では、OCR対象となる画像に対して、反転や解像度の補正などの画像編集に対応した、画像エディタという機能がございます。
本ページでは、解像度補正を例に、画像エディタによる画像編集の手順をご案内します。

本内容は、OCRエディタを使用した操作となります。
OCRエディタについては、高度なOCRとファイル変換をご参照ください。

【操作手順】

  1. OCRエディタで画像ファイル または PDFファイルを開き、画像の編集ボタンをクリックします。
  2. 画面右の画像エディタで 解像度ボタン をクリックします。
  3. 設定されている解像度を選択 または、[最適な解像度を検出] をクリックします。
    最適な解像度設定
  4. 選択範囲のリストから、変更内容を適用するページを選択します。
    ページ範囲の選択
  5. 適用ボタン をクリックします。
  6. 選択範囲で「すべてのページ」を選択している場合、ダイアログ(下図)が表示されます。
    操作に間違いがないことを確認して、[OK] をクリックします。
    画像エディタのダイアログ

画像エディタには、以下のツールが含まれています。

  • 推奨される前処理
    画像のタイプに応じて、プログラムが自動的に判断して適用します。
    修正内容には、ノイズやぼけの削除、背景色を明るくするための色反転、傾き補正、テキスト行の直線化、台形歪みの修正、画像境界線の切り取りなどが含まれます。
  • 傾き修正
    ページや画像の傾きを補正します。
  • テキスト行の直線化
    テキスト行の歪みを補正します。
  • 画像修正
    「幾何学的歪みの修正」、「モーションブラーの削除」、「ISOノイズの低減」、「背景を白くする」が実行できます。
  • 台形歪みの修正
    台形歪みの補正や、使用できるデータが含まれていない画像の端の削除を実行します。
    表示される青いグリッドの角をドラッグして、テキスト行に平行になるように操作します。
  • 回転して反転
    ページや画像の回転や反転ができます。
  • 分割
    見開きのようにページを分割できます。
  • 切り取り
    指定した範囲 または 指定サイズでページを切り取ります。
  • 反転
    色を反転させます。
  • 解像度
    解像度を変更します。
  • 明るさとコントラスト
    明るさとコントラストを変更します。
  • レベル
    シャドー、ライト、ハーフトーンの濃淡を変更して、カラーレベルを調整します。
    コントラストを上げるには、入力レベル のスライダーを調整します。
    コントラストを下げるには、出力レベル のスライダーを調整します。
  • 消しゴム
    画像の一部を消去します。
  • カラーマークの削除
    カラーマーカーを削除します。
    白背景の文書での利用を前提としているため、カラー背景の文書には適していません。