サイレントインストールのコマンドとオプション

本ページでは、サイレントインストールのコマンドと、サイレントインストールのコマンドオプションについてご案内します。

ABBYY FineReader のインストーラーを実行いただくと、通常、C:\tempフォルダ内にインストールパッケージが展開されます。
本コマンドは、インストールパッケージ内の Setup.exe に対して実行いただけます。

サイレントインストール コマンド

サイレントインストールは、以下のコマンドで実行できます。

Setup.exe /qn

  • ABBYY_FineReader_15.exe などのインストーラーからの直接の実行ではご利用いただけません。
    Tempファイルに展開されたインストールパッケージ(フォルダ)内で実行してください。

コマンドオプション

下記は、サイレントインストール時にご利用いただけるコマンドオプションです。

/L<言語コード>
インターフェイス言語の自動選択を無効にし、コマンド ラインで指定したインターフェイス言語で ABBYY FineReader をインストールします。

msiファイルを使用してインストールする場合:Transforms=<言語コード>.mst

  • 1026   ブルガリア語
  • 1028   中国語 (繁体字)
  • 1029   チェコ語
  • 1030   デンマーク語
  • 1031   ドイツ語
  • 1032   ギリシャ語
  • 1033   英語
  • 1034   スペイン語
  • 1036   フランス語
  • 1038   ハンガリー語
  • 1040   イタリア語
  • 1041   日本語
  • 1042   韓国語
  • 1043   オランダ語
  • 1045   ポーランド語
  • 1046   ポルトガル語 (ブラジル)
  • 1049   ロシア語
  • 1051   スロバキア語
  • 1053   スウェーデン語
  • 1055   トルコ語
  • 1058   ウクライナ語
  • 1066   ベトナム語
  • 2052   中国語 (簡体字)
  • 利用可能なインターフェイス言語の数は、ご使用の頒布パッケージの種類により異なります。

/a
管理者用インストールポイントを作成を可能にします。

/V”<コマンド ライン>”
指定したコマンド ラインを msiexec.exe に直接渡します。
<コマンド ライン>の語句の代わりに下記の語句を指定できます。

INSTALLDIR=”<path>” ABBYY FineReader をインストールするフォルダのパスを指定します。
EXPLORER_INTEGRATION=0 ABBYY FineReader と Windowsエクスプローラの統合を不可能にします。
SHCTDESKTOP=0 デスクトップに ABBYY FineReader アイコンの作成を不可能にします。
SSR_AUTORUN=0 システム起動時に ABBYY Screenshot Reader の起動を不可能にします。
DEFAULT_PDF=1 ABBYY FineReader を *.PDFファイルを開くための既定のアプリケーションにします。
DONT_ASK_ABOUT_DEFAULT=1 ユーザーが ABBYY FineReader を PDFファイルを開くための既定のアプリケーションとして設定する、ダイアログボックスの表示を無効にします。
STATISTICS_ALLOWED=0 現在の ABBYY FineReader の設定情報をインターネット経由でABBYYに送信不可能にします。
CHECK_UPDATES=0 更新の確認を不可能にします。
INSTALL_UPDATES=0 アップデートのダウンロードとインストールを不可能にします。
MARKETING_TIPS_ALLOWED=0 広告メッセージの表示を無効にします。
SSR=0 ABBYY Screenshot Readerのインストールを無効にします。
HF=0 ABBYY Hot Folderのインストールを無効にします。
COMPARATOR=0 ABBYY の比較ドキュメントのインストールを不可能にします。
SN=<serial number> シート毎のライセンスの自動ライセンス認証のシリアル番号を指定します。
LIC_SERVER_NAME=<path> ライセンスサーバーへのパスを指定します。
ADMIN_SETUP=Serial/Server

指定した種類の管理者用インストールポイントを作成します。

ADMIN_SETUP=Serial

自動ライセンス認証のシリアル番号を入力できるダイアログボックスを表示します。

ADMIN_SETUP=Server

ライセンスサーバーのアドレスを入力できるダイアログボックスを表示します。

EULA_ACCEPTED=1 ABBYY FineReader 14 エンドユーザー使用許諾契約を非表示にします。
エンドユーザー使用許諾契約とプライバシー ポリシーに同意したものとみなされます。

コマンド事例

Setup.exe /qn /L1041 /v MARKETING_TIPS_ALLOWED=0 EULA_ACCEPTED=1 SN=XXXX-XXXX

上記コマンドでは、日本語のインターフェイスで ABBYY FineReader がインストールされ、ライセンス認証が起動時に自動実行されます。
また、広告メッセージの表示が無効化され、エンドユーザー使用許諾契約(EULA)が非表示となります。